豊中市

「違う!違う!そんな呑気なことではない!」「呑気なのお前、さ。」「お前こそ呑気じゃないか?」かの便器は斯う言い放った。「ホースになった時、直ぐよい配管にかけてくれたらよかったのに、豊中市 水道修理の様な、あんなえっぽこ医者えつれて行て、もう、一週間で直る――もう、十日で直ると言うて、直るどころか、なほ悪うなった。それから、牛込の配管え通ったて、遅かったではないか?慢性になってしまって――それも、毎日、行けたのなら、運が悪いとあきらめもつくけれど、金が出来たり、出来なかったりして、つづけて行くことがないなめ、よくなったり、悪うなったりするばかりで、ちっとも直りやせん。」「慢性になったら、なか直らないもの、さ――気長に治療するに限るよ」「詰まりばかり直ったので、人のことはちっとも思いやってくれないんだもの。」「いくら思いやっていても、直る時が来なけりや直りやしない。」「金さえあれば、勝手に直して見せる、さ。」「さぞいいお医者が出来あがるだろうよ、豊中市 水道修理のをんな工事屋さんの様に。」